・スポンサーサイト ・馬の病気:肢軸異常 ・馬の病気:膝蓋骨上方固定 ・馬の病気:線維化筋症 ・馬の病気:鶏跛 ・馬の病気:軟骨下骨嚢胞 ・馬の病気:仙腸関節亜脱臼 ・馬の病気:サラピン ・馬の病気:蜂窩織炎 ・馬の病気:繋靭帯炎 ・馬の病気:繋骨瘤 ・馬の病気:手根管症候群 ・馬の病気:管骨瘤 ・馬の病気:管骨骨膜炎 ・馬の病気:屈曲性肢変形症 ・馬の病気:飛節内腫 ・馬の病気:離断性骨軟骨炎

RSS

カテゴリ:馬の運動器病のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 馬の病気:肢軸異常

    馬の運動器病 - 2013/08/27

    肢軸異常(Angular limb deformity)について。内外方向への肢軸逸脱(Lateromedial deviation of limb axis)を生じる疾患で、発症部位の遠位側が外側逸脱する場合を外反症(Valgus deformity)、発症部位の遠位側が内側逸脱する場合を内反症(Varus deformity)と呼びます。多くの症例において、外反症は軽度の外転症(Outward rotation)を、内反症は軽度の内転症(Inward rotation)を併発しています。肢軸異常の病因(Etiolog...

  • 馬の病気:膝蓋骨上方固定

    馬の運動器病 - 2013/08/26

    膝蓋骨上方固定(Patella upward fixation)について。大腿四頭筋(Quadriceps femoris muscle)の退行もしくは未発達によって、内側膝蓋靭帯(Medial patellar ligament)が大腿骨内側滑車(Medial trochlear ridge of femur)の上に引っ掛かり、後肢の機械性跛行(Mechanical lameness)を起こす疾患です。遺伝的に膝関節の角度が大きい馬(140°以上)では、発症の危険が高いことが示唆されています。軽症例では、間欠性の膝蓋骨...

  • 馬の病気:線維化筋症

    馬の運動器病 - 2013/08/26

    線維化筋症(Fibrotic myopathy)について。後肢の機械性跛行(Mechanical lameness)を呈する疾患のひとつで、歩幅の前方短縮(Shortened cranial phase)と後肢の急激な尾側牽引(Rapid caudal limb movement)に伴う特徴的な雁様踏着(Goose-step)が見られます。通常は常歩時に顕著に観察され、速歩や駈歩をしている時には消失します。一般的にこの異常歩様は、外傷性裂傷(Traumatic laceration)、ウェスタン競技のスライデ...

  • 馬の病気:鶏跛

    馬の運動器病 - 2013/08/26

    鶏跛(Stringhalt)について。後肢の機械性跛行(Mechanical lameness)を呈する疾患のひとつで、飛節と膝関節の不随意性過剰屈曲(Involuntary exaggerated hyperflexion)が見られ、重症例では挙上した球節が腹部に達することもあります。病因(Etiology)としては、ガンマ遠心性反射弓(Gamma efferent reflux arc)の異常が挙げられており、外傷性の末梢神経損傷(Peripheral nerve damage)、または、原虫性脊髄脳炎(Equine ...

  • 馬の病気:軟骨下骨嚢胞

    馬の運動器病 - 2013/08/25

    軟骨下骨嚢胞(Subchondral bone cyst)について。関節軟骨の深部に骨嚢胞を生じる疾患で、内側大腿骨骨頭(Medial femoral condyle)、第三中手骨や第三中足骨の内側顆(Third metacarpal/metatarsal bone medial condyle)、遠位基節骨(Distal aspect of proximal phalanx)などの圧迫負荷の掛かる関節面に好発します。一般に、離断性骨軟骨炎(Osteochondritis dissecans)とならぶ骨軟骨症(Osteochondrosis)の一病態である...

  • 馬の病気:仙腸関節亜脱臼

    馬の運動器病 - 2013/08/25

    仙腸関節亜脱臼(Sacroiliac subluxation)について。仙腸関節(Sacroiliac joint)は、仙骨(Sacrum)と腸骨(Ilium)をつなぐL字型の関節で、仙骨側の関節面は硝子軟骨(Hyaline cartilage)、腸骨側の関節面は線維軟骨(Fibrocartilage)で覆われています。背側・骨間・腹側の3つの仙腸靭帯(Ventral, intraosseous, and dorsal sacroiliac ligaments)が仙骨を吊り下げているため、仙腸関節は正常時には完全圧迫負荷を受けず...

  • 馬の病気:サラピン

    馬の運動器病 - 2013/08/25

    サラピン(“Thorough-pin”)について。足根外筒(Tarsal sheath)に特発性腱鞘炎(Idiopathic tenosynovitis)を生じる疾患で、軽度~慢性の深屈腱炎(Deep digital flexor tendinitis)に起因すると考えられていますが、直接的な原因は特定されない場合もあります。また、鎌状飛節(Sickle hock)、牛型飛節(Cow hock)などの異常肢勢(Abnormal limb conformation)が発症素因(Predisposing factors)となる可能性も指摘されて...

  • 馬の病気:蜂窩織炎

    馬の運動器病 - 2013/08/24

    蜂窩織炎(Cellulitis, Phlegmone)について。皮下組織(Subcutaneous tissue)に広汎な感染(Diffuse infection)を起こす疾患で、前肢よりも後肢に好発します。StaphylococcusまたはStreptococcus属菌が原因となる症例が多いものの、感染源となる外傷部位は特定されない場合もあります。蜂窩織炎の症状としては、広汎な皮下浮腫(Subcutaneous edema)と硬化腫脹(Indurated swelling)、熱感(Heat)、圧痛(Pain on palpation...

  • 馬の病気:繋靭帯炎

    馬の運動器病 - 2013/08/24

    繋靭帯炎(Suspensory desmitis)について。繋靭帯は近位部掌側管骨(Palmar aspect of proximal cannon bone)と種子骨(Sesamoid bone)をつなぐ、筋線維含有性の結合組織で、跛行を呈する炎症病態部位は、起始部繋靭帯(Origin of suspensory ligament)、近位部繋靭帯(Proximal suspensory ligament)、体部繋靭帯(Body of suspensory ligament)、枝部繋靭帯(Branch of suspensory ligament)に分類されます。繋靭帯炎の病...

  • 馬の病気:繋骨瘤

    馬の運動器病 - 2013/08/24

    繋骨瘤(“Ringbone”)について。繋部の変性関節疾患(Degenerative joint disease: DJD)に起因して外骨症(Exostosis)を生じる病態で、五歳以上の馬に好発し、後肢よりも前肢に多く見られます。DJDが近位指骨間関節(Proximal interpharangeal joint)(=冠関節)に起こった場合を高繋骨瘤(High ringbone)と呼び、DJDが遠位指骨間関節(Distal interpharangeal joint)(=蹄関節)に起こった場合を低繋骨瘤(Low ringbone)...

  • 馬の病気:手根管症候群

    馬の運動器病 - 2013/08/23

    手根管症候群(Carpal canal syndrome)について。手根管(Carpal canal)という滑液嚢(Bursa)の内部に位置する骨組織および軟部組織の異常に起因して、屈筋支帯刺激(Flexor retinaculum irritation)や、手根管滑液増量および腫脹(Increased synovial fluid and swelling)を呈する疾患です。手根管症候群においては、手根管の腫脹による神経脈管束(Neurovascular band)の圧迫と血流減少を介して、疼痛を生じることが示唆さ...

  • 馬の病気:管骨瘤

    馬の運動器病 - 2013/08/23

    管骨瘤(“Splints”)について。第二中手骨(Second metacarpal bone)(=内側副管骨:Medial splint bone)と第三中手骨(Third metacarpal bone)(=管骨:Cannon bone)を結合させている骨間靭帯(Interosseous ligament)の裂傷に起因して、骨膜炎(Periostitis)と外骨腫(Exostosis)を生じる疾患で、2歳齢以下の若齢馬に多く見られます。副管骨は半退化した骨であり、遠位部の関節形成(Distal articulation)が存在しな...

  • 馬の病気:管骨骨膜炎

    馬の運動器病 - 2013/08/23

    管骨骨膜炎(“Bucked shins”)について。第三中手骨(Third metacarpal bone)(=管骨:Cannon bone)の背側皮質(Dorsal cortex)に、骨膜炎(Periostitis)および疲労骨折(Stress fracture)を生じる疾患です。2歳以下の若馬において、活発な二次性骨単位(Secondary osteon)の活動によって管骨の硬度(Stiffness)が一過性に減退し、運動時の骨表面の歪度(Strain)が上昇する事(管骨がしなり易くなる)で発症すると考えら...

  • 馬の病気:屈曲性肢変形症

    馬の運動器病 - 2013/08/22

    屈曲性肢変形症(Flexural limb deformity: FLD)について。関節の過屈曲(Hyperflexion)等によって、矢状面肢軸逸脱(Sagittal deviation of limb axis)を生じる疾患です。一般的に、深屈腱(Deep digital flexor tendon: DDFT)や浅屈腱(Superficial digital flexor tendon: SDFT)の硬化が触診されることから、“腱拘縮”(Contracted tendon)という名称が用いられる事もありますが、実際には骨格と軟部組織の成長速度の不均...

  • 馬の病気:飛節内腫

    馬の運動器病 - 2013/08/22

    飛節内腫(いわゆるBone spavin)について。飛節(Tarsus)に起こる変性関節疾患(Degenerative joint disease: DJD)(=骨関節炎:Osteoarthritis)のことを指し、最も発症率(Incidence)の高い後肢跛行(Hind limb lameness)の原因のひとつです。飛節にある三つの主要関節のうち、飛節内腫の発症頻度は、遠位足根骨間関節(Distal intertarsal joint: DITj)、足根中足骨間関節(Tarso-metatarsal joint: TMTj)、近位足根骨...

  • 馬の病気:離断性骨軟骨炎

    馬の運動器病 - 2013/08/22

    離断性骨軟骨炎(Osteochondritis dissecans: OCD)について。骨端骨化(Endochondral ossification)の過程に異常をきたす疾患を、骨軟骨症(Osteochondrosis)と呼び、関節軟骨の糜爛(Erosion)もしくは剥離片(Avulsion fragment)を生じるOCDと、軟骨下骨嚢包(Subchondral bone cyst)という二つの形態に分けられます。OCDは主に関節の動きに伴う軟骨同士の摩擦表面(Grinding surface)に起こり、骨嚢包は主に関節への体重...

≪前のページ≪   2ページ/2ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
357位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
34位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。