RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の病気:大腿骨骨折

20130718_Blog_Femur_Fracture_Pict1.jpg

大腿骨骨折(Femur fracture)について。

大腿骨の骨折は、転倒や蹴傷などの外傷性に起こるため子馬に好発し、成馬において発症した場合には重度の粉砕骨折(Severe comminuted fracture)を呈し、治療は困難である場合が多いことが報告されています。大腿骨の骨折では、不負重性跛行(Non-weight-bearing lameness)、患部の腫脹(Swelling)、捻髪音の聴取(Crepitation on auscultation)、羅患肢の外転(Affected limb abduction)などの症状を示し、骨折片同士の重なり(Intra-fragmentary overriding)を起こした場合には患肢の短縮化(Limb shortening)が見られ、膝蓋骨上方固定(Patella upward fixation)や股関節脱臼(Hip joint luxation)に似た外観を示す症例もあります。

大腿骨骨折の確定診断(Definitive diagnosis)は、レントゲン検査(Radiography)によって下されますが、大腿骨の近位部のレントゲン撮影には全身麻酔(General anesthesia)を要する場合もあります。子馬においては、骨幹骨折(Diaphyseal fracture)および遠位・近位骨端骨折(Distal/Proximal physeal fracture)などが見られ、近位骨端骨折ではSalter-Harrisタイプ2の病態を呈することが多いという知見が示されています。

大腿骨骨折の治療では、馬房休養(Stall rest)による保存性療法(Conservative therapy)では、患肢の短縮化や外転を起こし、対側肢に重篤な外反症(Valgus deformity)を併発する危険が高いことが知られています。しかし、骨折片変位(Fracture fragment displacement)が僅かである骨端骨折の症例において、患馬の体重が200kg以下であった場合には、保存性療法による治癒も起こりうることが報告されています。外科的治療が選択された場合には、大腿骨の骨幹骨折と遠位骨端骨折ではプレート固定術による整復が行われ、近位骨端骨折では螺子固定術による整復が行われます。また、遠位骨端骨折では、力学的骨端螺子プレート固定術(Dynamic condylar screw plate fixation)の応用も報告されています。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

スポンサーサイト

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
27位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。