RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の文献:管骨骨折(Stepnik et al. 2004)

「サラブレッド競走馬の第三中手骨または第三中足骨における顆状突起骨折面の走査型電子顕微鏡的検査」
Stepnik MW, Radtke CL, Scollay MC, Oshel PE, Albrecht RM, Santschi EM, Markel MD, Muir P. Scanning electron microscopic examination of third metacarpal/third metatarsal bone failure surfaces in thoroughbred racehorses with condylar fracture. Vet Surg. 2004; 33(1): 2-10.

この研究論文では、馬の第三中手骨および第三中足骨(Third meta-carpal/tarsal bone)の顆状突起骨折(Condylar fracture)の発症機序(Pathogenic mechanism)を解明するため、致死性骨損傷(Catastrophic bone injury)を呈した12頭のサラブレッド競走馬から採取した管骨における、骨折面の走査型電子顕微鏡的検査(Scanning electron microscopic examination)が行われました。

結果としては、管骨顆状突起骨折の部位の軟骨下骨(Subchondral bone)では、微小亀裂(Micro-cracks)が密集形成(Cluster formation)または分岐的配列(Branching array)をなしており、この所見は、管骨顆状突起骨折における骨幹端および骨幹部位(Meta/Dia-physeal region)や、長骨の骨幹骨折(Mid-diaphyseal fracture)の箇所における電子顕微鏡像とは、明らかに異なっていました。このため、サラブレッド競走馬の管骨顆状突起骨折では、分岐的微小亀裂(Branching micro-cracks)が蓄積(Accumulation)または癒合(Coalescence)して、顆状突起の亀裂を生じることで、顆状突起骨折を引き起こすという病因論(Pathoetiology)が示唆されました。

一般的に、馬の管骨顆状突起骨折では、微細骨折(Micro-fracture)と骨再構築(Bone remodeling)が蓄積することで発症するという、疲労性損傷(Fatigue injury)の病態を呈することが知られており、今回の研究で認められた、軟骨下骨における微小亀裂蓄積は、この病因論を裏付けるデータであると考察されています。

Copyright (C) nairegift.com/freephoto/, freedigitalphotos.net/, ashinari.com/ All Rights Reserved.
Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

関連記事:
馬の病気:第三中手骨骨折
スポンサーサイト

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
25位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。