RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の病気:鼻涙管閉鎖

20131021_Blog2_Nasolacrimal_Duct_Atresia_Pict1.jpg

鼻涙管閉鎖(Nasolacrimal duct atresia)について。

馬の鼻涙管(Nasolacrimal duct)に最も多く生じる先天性欠損症(Congenital defect)で、無孔鼻側涙点(Imperforate nasal punctum)を生じることが一般的ですが、眼瞼側涙点閉鎖(Eyelid punctal atresia)や鼻涙管の不完全形成(Incomplete formation)などの病態を示すこともあります。

鼻涙管閉鎖の症状としては、初期病態では軽度~中程度の片側性流涙症(Mild to moderate unilateral epiphora)が見られますが、4~6ヶ月齢までには二次性細菌性涙嚢炎(Secondary bacterial dacryocystitis)に起因する、重度の粘液膿性眼脂(Severe mucopurulent ocular discharge)を示すようになります。

鼻涙管閉鎖の診断は視診によって下され、鼻前庭(Nasal vestibule)における鼻涙管開孔部の欠損を確認することで、後天性の鼻涙管閉塞(Acquired obstruction of nasolacrimal duct)との鑑別診断を行います。眼脂症状が認められた症例においては、二次性涙嚢炎の治療指針決定のため、粘液膿性浸出物を用いての細菌培養(Bacterial culture)と抗生物質感受性試験(Antibiotic susceptibility test)を実施することが重要です。また、鼻涙管無形成(Agenesis of nasolacrimal duct)を除外診断するため、造影レントゲン検査(Contrast radiography)(=鼻涙嚢造影術:Dacryocystorhinography)を行うことが推奨されています。

鼻涙管閉鎖の治療では、鼻涙管の外科的開口部形成(Surgical opening of atretic puncta)を要し、術前レントゲン検査(Pre-operative radiography)による開口部位の決定を行うことが重要です。手術では、眼瞼側涙点から挿入させたシリコン製カテーテル(Silastic catheter)を遠位側へと伸展させ、鼻粘膜下(Under nasal mucosa)に触診したカテーテル先端にむかって穿刺切開創(Stab incision)を設け、カテーテルを鼻側へと通過させます。鼻側涙点の開口部を確立させるため、カテーテルは眼瞼側および鼻側の両方において外部皮膚面へと縫合して、一ヶ月間にわたってカテーテルを留置させることが大切です。術後には、感受性試験の結果に基づいて、全身性および局所性の抗生物質療法(Systemic/Topical anti-microbial therapy)が施されます。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.
スポンサーサイト

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
407位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
43位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。