RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の病気:休止期脱毛

20131019_Blog1_Telogen_Defluxion_Pict1.jpg

休止期脱毛(Telogen defluxion)について。

ストレス性環境(Stressful circumstance)に置かれた馬において、急性早発性の体毛発育停止(Abrupt and premature cessation of hair growth)(=発毛の休止期)に起因して脱毛を起こす疾患で、入院(Hospitalization)、手術(Surgery)、麻酔(Anesthesia)、高熱(High fever)、妊娠(Pregnancy)、重篤な全身疾患(Severe systemic illness)などが病因として挙げられています。

休止期脱毛の罹患馬では、ストレスによる体毛発育停止から1~3ヶ月以内に脱毛が始まることが一般的です。脱毛病巣は局所性(Regional)、多巣性(Multifocal)、汎発性(Generalized)、両側性(Bilateral)などの病態を示しますが、脱毛部位に露出した皮膚には異常は見られません。

休止期脱毛の診断では、病歴、視診、触診によって推定診断が下されることが一般的ですが、抜け落ちた体毛の鏡検では、毛の太さが一定で(Uniform shaft diameter)、毛根鞘を欠く無色素性の毛根(Nonpigmented hair root lacking root sheath)が見られます。皮膚生検(Skin biopsy)では、皮膚および毛包(Hair follicle)に異常は認められません。

休止期脱毛に対する有効な治療法は報告されていませんが、通常は退院や原発疾患からの回復によるストレス性環境の改善にともなって、脱毛部位の自然治癒(Spontaneous resolution)が見られます。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.
スポンサーサイト

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
24位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。