RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の病気:前恥骨靭帯断裂

20150820_Blog1_Prepubic_Tendon_Rupture_Pict1.jpg

前恥骨靭帯断裂(Prepubic tendon rupture)について。

前恥骨靭帯(Prepubic tendon)の断裂は、出産直前の牝馬に発症し、腹横筋(Transverse abdomis)、腹斜筋(Oblique abdomis)、腹直筋(Rectus abdomis)などの損傷を併発することが一般的です。前恥骨靭帯断裂の病因としては、転倒などによる腹底部緊張の上昇や、胎児水腫(Hydrops fetalis)による子宮重量の増加などが挙げられており、重種馬や高齢牝馬において好発する可能性が示唆されています。

前恥骨靭帯断裂の症状としては、腹壁底部の顕著な肥大化(Marked ventral abdominal wall enlargement)、重度の疝痛症状(Severe colic sign)、頻脈(Tachycardia)が認められます。しかし、靭帯および筋郡の部分断裂(Partial rupture)のみの症例では、広範囲にわたる腹部浮腫(Extensive ventral edema)のみを呈する場合もあるため、腹壁の超音波検査(Ultrasonography)によって、前恥骨靭帯や腹底部筋郡の不連続性を確認することが重要です。直腸検査(Rectal examination)による靭帯および筋肉の断裂部の触知は、妊娠後期における子宮容積の拡大のため、通常は困難であることが示されています。

前恥骨靭帯断裂の罹患馬では、進行性の腹底部支持組織の損傷(Progressive damage to abdominal support tissues)を引き起こす危険が高いため、動物愛護の観点からも、妊娠中絶(Pregnancy termination)を行うことが推奨されています。しかし、妊娠の継続が選択された場合には、腹帯装着(Belly band placement)や吊起帯支持(Sling support)による腹底部のサポートが施され、補助出産(Parturition assistance)や帝王切開(cesarean section)による分娩を要することが一般的です。

前恥骨靭帯断裂の外科的治療としては、罹患馬の妊娠中絶もしくは出産後に、メッシュヘルニア縫合術(Mesh herniorrhaphy)による靭帯や筋郡の断裂部位の整復が試みられる場合もあります。しかし、完全断裂の場合には裂傷端同士の引き戻しは難しく、また、整復後にも妊娠に耐えうる腹壁強度を取り戻すことは困難であると考えられるため、その後の繁殖飼養は推奨されていません。このため、患馬が血統の良い牝馬である場合には、胚移植(Embryo transfer)を介して子馬の繁殖が行われることが一般的です。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.
スポンサーサイト

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
25位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。