RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の病気:変性脊髄脳炎

20150801_Blog3_EDM_Pict1.jpg

馬変性脊髄脳炎(Equine degenerative myeloencephalitis: EDM)について。

脊髄の退行性疾患(Degenerative disorder)で、六ヶ月齢以下の子馬に多く見られ、ビタミンE欠乏症(Vitamin E deficiency)に起因すると考えられています。病因論としては、ビタミン吸収不全などの遺伝性素因(Genetic predisposition)を持つ個体が、環境性酸化体(Environmental oxidants)に曝露し、ビタミンEをはじめとする抗酸化体(Antioxidants)を有しない場合に、脊髄組織の変性壊死を引き起こすと仮説されています。

馬変性脊髄脳炎の発症馬は、対称性の歩行失調(Symmetric ataxia)、固有受容性欠陥(Proprioceptive deficit)、虚弱(Weakness)、痙攣(Spasticity)などを呈しますが、EDMに特異的な症状ではありません。一般的に、前肢と後肢において同程度の神経症状を示し、内視鏡検査(Endoscopy)での喉頭機能異常の発現も報告されています。

馬変性脊髄脳炎の診断では、脳脊髄液(Cerebrospinal fluid)の検査において、僅かなCK濃度の上昇を除いて、異常所見は見られません。また、血清のビタミンE濃度の低下が、診断の目安となる場合もあります。神経症状の発現と他の疾患(EPM、CSMなど)を除外することで推定診断(Presumptive diagnosis)が下されますが、確定診断(Definitive diagnosis)は死後病理検査によってのみ可能です。

馬変性脊髄脳炎の治療としては、ビタミンE補助剤(Vitamin E supplementation)の給与が行われますが、慢性進行性に経過する病態であるため、神経症状が完全に回復する症例はあまり多くありません。そして、発症馬の牧場の他の個体に対しても、ビタミンEを給与することが推奨されます。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.
スポンサーサイト

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
21位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。