RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の病気:クロストリディウム筋壊死症

20130821_Blog1_Clostridial_Myonecrosis_Pict1.jpg

クロストリディウム筋壊死症(Clostridial myonecrosis)について。

クロストリディウム属菌(Clostridium spp)の感染と、壊死毒素(Necrotizing toxin: Lecithinase, etc)および溶血毒素(Hemolyzing toxin: Hemolysin, etc)に起因して、筋組織の壊死(Muscle tissue necrosis)を起こす疾患で、原因菌としては、C.chauvoei、C.septicum、C.sordelli、C.novyi、C.perfringens、C.carnis等が分離されています。クロストリディウム属菌は環境下に広範囲に分布する常在菌で、馬においては穿孔性外傷(Penetrating wound)や薬剤の筋肉注射(Intramuscular injection)などが病因(Etiology)であると考えられています。

クロストリディウム属菌に起因する筋壊死症の臨床症状としては、抑鬱(Depression)、発熱(Fever)、頻呼吸(Tachypnea)、食欲不振(Anorexia)、跛行(Lameness)などが挙げられ、病状の進行にともなって羅患部位(多くの場合に臀部や大腿部)における皮膚脱落(Skin sloughing)を呈します。殆どの患馬において、急激な進行性(Rapid progression)の症状を示し、致死率(Mortality rate)は100%近いと言われています。羅患馬は、一般的に12~24時間で死に至ることが多いと報告されていますが、C.perfringens感染に起因する場合には、やや予後が良いことが示唆されています。

クロストリディウム筋壊死症の治療では、積極的な抗生物質療法(Aggressive anti-microbial therapy)が施され、数時間おきのペニシリン投与が行われ、病態経過が安定後、メチルニダゾールの投与も併行して実施されます。外科的療法としては、循環毒素を軽減させるため、羅患部の筋肉郡の筋膜切開術(Fasciotomy)、病巣清掃(Debridement)、羅患部位の遠位側への排液孔(Drainage tract)の形成が有効です。初期病状においては、全身性ショックを改善するため、短期間作用性のコルチコステロイド(Short-acting corticosteroids: Dexamethasone, Prednisolone, Hydrocortisone, etc)などが用いられる場合もあります。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

スポンサーサイト

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
27位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。