RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の病気:鶏跛

20130805_Blog1_Stringhalt_Pict1.jpg

鶏跛(Stringhalt)について。

後肢の機械性跛行(Mechanical lameness)を呈する疾患のひとつで、飛節と膝関節の不随意性過剰屈曲(Involuntary exaggerated hyperflexion)が見られ、重症例では挙上した球節が腹部に達することもあります。病因(Etiology)としては、ガンマ遠心性反射弓(Gamma efferent reflux arc)の異常が挙げられており、外傷性の末梢神経損傷(Peripheral nerve damage)、または、原虫性脊髄脳炎(Equine protozoal myeloencephalopathy: EPM)等の中枢神経損傷が、散在性鶏跛(Sporadic stringhalt)の原因となりえます。このうち、反射弓のうち運動神経線維の異常を呈した場合には、脱神経性筋萎縮(Denervation muscle atrophy)が観察されます。また、毒性植物(Hypochaeris radicata, Taraxacum officinal, Malva parviflora, etc)の摂食によって神経異常が起きた場合には、散在性に加えて流行性(Outbreak)の発症傾向を示すこともあり(いわゆるオーストラリア鶏跛:Australian stringhalt)、主食牧草の質が低下しがちな晩夏~初秋に好発することが知られています。

鶏跛の診断は、視診によって特徴的な鶏跛歩様を確認することで下されますが、軽度の歩様異常の場合には、膝蓋骨上方固定(Patella upward fixation)との鑑別を要する場合もあります。多くの場合、病因の特定は困難ですが、外傷病歴、牧草地の視察、脳脊髄液検査によるEPMの診断などが試みられます。

外傷性鶏跛は自然治癒(Spontaneous resolution)が見られず、また、流行性鶏跛も完治には放牧中止後、数ヶ月~一年を要することもあります。鶏跛の外科的治療としては、外肢伸筋腱切除術(Lateral digital extensor tenotomy)を介して、物理的に飛節や膝関節の過屈曲消失が試みられますが、反射弓のどの部位が損傷しているかによって、鶏跛歩様の改善度合や速度には差異が見られます。内科的治療としては、GABA受容体作動薬(GABA receptor agonist)であるバクロフェン(Baclofen)、ナトリウムおよびカリウムチャンネル拮抗薬(Sodium and potassium channel blocker)であるフェニトイン(Phenytoin)等の投与によって神経異常(Neuropathy)を改善して、生理的に過屈曲の減退を講じる治療法も試みられます。毒性神経異常(散在性・流行性)を疑う症例では、速やかに放牧を停止して内科的療法が施され、また牧草地の改良による再発予防が推奨されます。

Copyright (C) Akikazu Ishihara All Rights Reserved.

スポンサーサイト

プロフィール

Rowdy Pony

Author:Rowdy Pony
名前: 石原章和
性別: 男性
年齢: 40代
住所: 神奈川県
職業: 獣医師・獣医学博士
叩けよ、さらば開かれん!

ブログメニュー

FC2カウンター

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

お断わり

20130414_Blog_Message_Pict1.jpg
このサイトに掲載されているイラスト、画像、文章は、すべて管理主自身が作成したもの、もしくは、著作権フリーの素材リンクから転載したものです。

カテゴリ

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
27位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。